忍者ブログ
此処はポケモン擬人化軍隊企画、『御旗のもとに』参加キャラの専用ページです。 設置H20.2.29
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忘年会…忘年会か…。

いえ…サニ先生@フミアキさんの所で忘年会の三文字を発見したので…。
クリスマスも楽しみだけど…忘年会は忘年会で楽しそう…^^
ほら…クリスマスは…ね。
力の入れ所がやっぱりうにゃうにゃ…一大イベントだしうにゃうにゃ…なので…。
忘年会は無礼講でぱーっと騒げたら楽しいだろうなー、と^^
陸軍の中だとやっぱり陸三が一番賑やかなんだろうなー。
……多分陸軍の中で一番居酒屋が似合うのは陸三だと信じてる(←え;

リク君にもお酒飲ませるか如何かで成人群が「どーしよっかー」と目配せしあったりとかー。
アガカネさんがメニューのデザート片っ端から頼みそうだとかー。
ルクスさんは飲んでも顔色変わらなそう…(アーボックなだけにウワバミなんでしょうか…
そんなルクスさんを潰そうと頑張るライス中尉とか…^^
ディアはお片付け担当なので羽目を外すほど飲まない…かな?

兎にも角にも、忘年会も楽しそうです^^

(イヤ、その前に12月戦ね^^;)
(でもオースィライベントの災害救助でネタ結構使っちゃったので…ど、如何しようorz)
PR
ふふ…ふふふ…310さんに萌え殺された…orz
ふふふ…310さんの記事の方が殺傷力高いですよ…。
ちょっと樹海に行きつつ…迎撃用意整えてきます…ふふふ…^^

そしてカトレアさん@繭さんにトドメを…刺されました…orz
ああああ、あの、うわ、繭さんにルクディア…///
豪華なのと…照れ恥ずかしくて画面が正視出来ません…!!
遅くなりましたが、本当に有難う御座いました…っ。
そしてカトレアさんとディアが1cmしか違わないなんて…^^;
私もカトレアさんの方がもっと高いと思ってました…。

カトレアさんも…良いクリスマスをお迎え下さいっ…!!



続きにメモメモ。


「…………………何をしているんだ」
「……何でも無いわよっ」

ゴミ箱にゴミを捨てた姿勢のまま、傍の壁に当てていた頭を上げて呆れた様子のルクス少尉を見上げた。
外出から戻って来たばかりのルクス少尉からは、冷たい外の空気がまだ漂っている。
「おかえりなさい、ルクス少尉」
「…………あぁ。………それより何があったんだ」
呆れを含んだ視線でルクス少尉が眺めるのは、この時間、普段なら軽くお茶や軽食を摘みに来る人位しか訪れない食堂の、この過密っぷり。
「………陸三の部屋がもぬけの殻の上に」
「あ、暖房入らなかったでしょ」
「………そうだ」
とりあえず座りましょ、とルクス少尉の袖を引いて、あたしがさっきまで座っていたテーブルに戻る。
さっき飲み干したカフェオレのカップは、底に澱を残して乾き掛けていた。
「ルクス少尉も温かいの飲まない?外寒かったでしょ?」
コーヒーが良い?紅茶もあるけど…とドリンクバーのスペースを示す。
「………コーヒーで」
「りょーかい」

ルクス少尉に片手を挙げて答え、あたしは自分の空のカップを持ってコーヒーサーバに向かう。
カウンターからルクス少尉の分のカップを受け取って、サーバから温かいコーヒーを注いで自分の分も淹れた。
自分の分はブラックにしようか如何か悩んで、結局はさっきと同じ、ミルクと砂糖を足してカフェオレにしてテーブルに戻る。

「お待たせ」
「……ああ」
寒い中お疲れ様、とルクス少尉の前にコーヒーのカップを置いて隣に座る。
「…………で」
カップに口を付けて、ルクス少尉が本題を話せと視線で促してくる。
ん。と自分のカフェオレを一口飲んで、ルクス少尉を見上げて口を開く。
……さて、何処から説明しようか。
「んー…と…。ルクス少尉が出掛けた後…暫くしてからかな。陸軍棟だけ急に暖房が切れちゃって」
「…………で?」
「うん。経理課とか陸一、二の暖房は比較的早く復旧したんだけどねー。
 点検してたら陸三の部屋近辺の暖房動かしてる配電盤が老朽化してるってんで、今業者から部品取り寄せてる所なのよ」
「……………要するに」
「陸三中隊の全執務室は暖房が入りません」
きっぱり答えればルクス少尉は無言でコーヒーに口を付ける。
一見普段と変わらない無表情に見えるけど……。
「ルクスしょーいー。幾ら『莫迦らしい』ってたって…」
「………何も言ってないだろう」
「言ってるじゃない。ほらほら眉間に皺~」
伸びた前髪の下、寄せられた眉が雄弁に語ってる。
「………それで…この食堂がやけに混んでいるのは」
「うん。唯でさえ此処の冬は寒いのに、『暖房の入らない部屋で作業出来るかー!!』……って、皆談話室とかに避難してる。
 あ、でもね、持ち出しても大丈夫な作業は暖房の生きてる資料室とか、空いてる会議室とかで処理してから来てるから!」
皆サボってた訳じゃないのよ?とルクス少尉の顔を覗き込めば、嘆息が上から降ってくる。
「………他の奴等は如何した」
「皆一通り仕事終わらせたトコでアカガネ少尉が、「12月限定のケーキバイキング食べに行きたい!!」って発案して、軽食もメニューにあるからってライス中尉とリク少尉と一緒に出掛けてったわよ」
ちびちびとカフェオレに口を付けつつ、無言で目を眇めてコーヒーを啜るルクス少尉を横目で窺う。
「…………何時直るんだ」
「んー…夕方までには、って事だったけれど」
また顰められたルクス少尉の眉間に、心配になってルクス少尉の袖を引っ張る。
「……無理に暖房のない部屋で仕事しないでね?ルクス少尉の事だから、急ぎの仕事は片付けて出掛けたんでしょう?」
「…………まぁな。
 ……………さっきから何をしてるんだお前は」
それでも「ルクス少尉ならやりかねん」と袖を掴んでいたら呆れた顔で溜息吐かれた。
「……だって」
「…………………とりあえず放せ」
しぶしぶルクス少尉の袖を放せば、あたしの前に空のカップが押しやられてきて首を傾げる。
「………コーヒー」
「?」
「…………もう一杯頼めるか」
「! うん」

もう少し。少なくてもコーヒー一杯を飲む位は此処に居てくれるらしい。
言外に伝えられた言葉に頬を緩めて席を立つ。

「…………それにしても」
「ん?なぁにルクス少尉」
コーヒーのお代わりを手渡せば、怪訝そうな視線でルクス少尉が問う。
「…………お前もアカガネ達と一緒に出掛ければよかっただろう」
彼からしてみれば素朴な疑問に、もゆもゆと微妙に笑って答える。


―― そんなの、決まってるじゃない。


「そんなに沢山ケーキ食べたい気分じゃなかったからねー」


―― ケーキを食べに行くより、ルクス少尉が帰ってくるのを待つ方を選んだだけ。
―― だって



『08.君の傍はどうしようもなく心地よくて、だから他の誰にも、』

邪魔されたくなかったなんて、酷い我儘

―― ……あぁ、本当どうしようもない。




お題:【募る想い-10】
紺碧日和:http://seirandusk.web.fc2.com/

+++++

ルクスさんと、お名前だけですがライスさん、アカガネさん、リク君をお借りしました!

そしてもう毎度毎度の事ですが、ルクスさんをお借りし過ぎです自分ジチョ(ry…
陸三の皆さんには寒い思いさせて御免なさい…orz
ほのぼの(?)させたかったと言いますか…ただお隣座ってコーヒー淹れたかっただけと言いますか…うにゃうにゃ。
ええまあ…お題の通りです、ハイ。
………大人しく樹海逝って来ますorz

今回ディアのなりきりで書くには大変こっ恥ずかしい文面だったので…心理描写が殆ど無いです…。
ディア視点ではあるけれど…なりきりでも一人称でもないですね…orz
その分ディアの独白を続きからにぎゅむっと詰め込んどきました。
冒頭の十数分前のディアの独白です。
……ちょっと…此れを読むと上記のディアさんがどんだけ浮かれてるんだかが解ります…orz

まぁディアさんの昔とかー小ネタとかー。
読んでもまぁ…うーん…。
あの頃はとんがってたなぁ…、な?

今のディアの言動とか反応の方がデフォルトで素なんですがね。

う…う。
皆さんがもそもそ動き出されたので…わーいこれで寂しくないー!
冬眠…駄目!クリスマスがあるのに冬眠なんてしてらんない…!!
12月戦会議があったら性懲りもなく参加しますもすもす。

クリスマス…は…………え、何着せたら良いの?^q^
とりあえずケーキとプレゼントに頭捻る日々を贈るんだろうなー…。
作るのはディアでもレシピ練るのは私なんだ…!!
notネタで美味しく食べれる辛いケーキって…頑張れ、私…っ!!

後…さんかげ…つ?う?
企画終わる頃…は…如何してる、の、か…な?
ディアの性格自体はあんまし変わらないと思う…なぁ。
軍人なってからより、士官学校時代の方がギスッっとしてたからねぇ…ディア。
寧ろ軍人なってからの方がいー感じに緩んで来たと言うかうにうに。
これからーは…ある方面の情緒系が成長していくんだろうなぁ…今まで以上に。
いろいろテンパッてぐるぐるさせます。
とりあえず(・∀・)ときたお題を見つけたのでもそもそします。
どっちかってーと男性目線のお題だったので…ディアで書いて違和感あっても笑ってください。

……陸三バッドエンド多い…よ(・ω・`)シューン
ディアさん凹むよべっこりだ!
此れで某さんまでバッドなったら…どないしよ…orz
親は子供を苛める・いじるのは好きですが…ディアは迂闊に私が苛めると行って欲しい方向とは真逆の方向にプッツンするので苛められません…。
私が出来る干渉はちょっかい掛けてハッパ掛けるのだけで精一杯…。
そんくらいじゃないと動いてくれないしねっ^^


ディアさんは 陸三の皆さんが 大好きです
じゅ…じゅうにがつせん…。
そのあとクリスマス…。

クリスマスの後の最終戦がメアレイヒとの共同戦と言う事で…ドキドキします…。
大暴れが…出来る…ふおおお…!

でもその前に十二月戦!
か…書くぞ!もっとSSを!!

そして…クリスマス…クリスマス…^q^ジュル
またアクション起こしたいです…が!

………何を…贈れば…orz
クリスマスまで辛い物は…流石に…なぁ…。

その前にディアの意識改革が必要ですね!
だって…今の侭だと…クリスマスにも関わらず
「ぎ、義理なんだからねっ!?」
な感じに…おぅorz

もだもだもだ…!
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 『御旗のもとに』専用ページ。 DDD部屋 All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]