忍者ブログ
此処はポケモン擬人化軍隊企画、『御旗のもとに』参加キャラの専用ページです。 設置H20.2.29
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[65] [64] [62] [61] [60] [59] [63] [58] [57] [56] [55]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

記事を一つ飛ばしましたが、自覚編。

この前にアカガネさん失踪とアユちゃんに遭遇をいれれたら…とか。

まるでだまし絵の様だ。

ルビンの壷。
婦人と老婆。
同じ色で書かれたアルファベット。
背景に同化した動物や救世主の磔刑像。

一度気付いてしまったら、もう気付く前には戻れない。

あえて見た侭に見えた、一つの物だけ見ようとしていたのに。
焦点をぼかして、他の感情との境を消した、漠然としたものに仕立て上げていたのに。

幾らマーブリング状に捩じった感情の背景に隠してみても、もうあたしの眼はその感情を見つけてしまう。拾い上げてしまう。

思えば視界に入らないのが悔しくて袖を引いていたのも。
食堂に入る度に姿を探すのも。
……辛い料理のレシピを増やそうと、台所に立つ機会が増えた切っ掛けも。

幾ら遠回りをしようとしても、突き詰めてしまえば、行き着く先の感情は明らかで。


だからって、今まで通り、あやふやで曖昧な気持ちに戻れるかっていったら、到底無理で。


(それに何時か、ボロが出る)


だって、

名前を、

唯一人だけ。

階級以外だと、なんて呼んで良いのか判らない人なんだ。

「さん」だとなんだかよそよそしく思えて。
だからと言って呼び捨てにするのも、なんとなく二の足を踏んで、未だにずるずるとオフでは名前を呼ばずに此処まで来てて。

自分でも不可解だった不意の行動も、気付いてしまえば源は一つの感情。


(……だからって…博打打つには分が悪いでしょう?)


気付いた二文字の言葉は、往生際悪く呑み込んで。
握り締めた手の中で、氷砂糖の賽が――微かに軋んだ音を立てた。


+++++

物凄く遠回しに、お借りしてます。

往生際悪いですが、これでも自覚したのですTHE・意地っ張り^^;
とりあえずもの凄く些細な伏線でしたが、この娘、某方の名前をオフで呼べてません^^
……これからじわじわとうにゃうにゃさせていきます。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 『御旗のもとに』専用ページ。 DDD部屋 All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]