忍者ブログ
此処はポケモン擬人化軍隊企画、『御旗のもとに』参加キャラの専用ページです。 設置H20.2.29
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[93] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シェルビーさんお借りしましたっ!!
陸軍基地付近

「死にたくは無いんでしょう?」

まだ朝も早い時間。
白み始めた東の水平線から、空と海が同じ色に染まっていく。
朝焼けの空と海は、此処が戦場なのが勿体無いと思える程に綺麗で。
…そう。隣で風にさらわれている細くて長い銀髪も。

「そりゃあ……当たり前やろ」
「なら、生き残るって覚悟を決めなさい」
「……ただ…そやかて」
「『生き残る為には相手を殺さないといけない』?」
目深に被った帽子の鍔で陰になった眼が、窺うようにあたしを見る。
身長から言えばあたしが見上げる側なのに、帽子の下で上目遣いで見られている気がするのは何故かしら。
「シェル。…なんで敵兵を殺さないといけないのかしら?」
「戦争…やからやろ」
「まあそうだけれど…結局は敵の戦力を削るのが目的。で、その一番手っ取り早い方法が、前線の敵兵を殺す事」
オーケィ?と顔を見れば、渋々ながら小さく頷くのが判った。
「その次に手っ取り早いのが敵の指揮官を殺す事。その次が相手の補給路を絶つ事。でも手っ取り早い手段があるのなら…敵の戦力を面倒臭く削れる方法もあるって事」
シェル、と士官学校時代からの同級生にして同僚の、細作りな輪郭を見上げてキッパリと。


「相手を殺せるのかってふらふら考える暇があったら、いっそ殺さないで倒すっていう覚悟を決めなさい」


「…って」
帽子の鍔の下。
陰になって判然としない、薄い色の眼が丸く見開かれる。
「ええ!?」
「だって殺す覚悟はつかないんでしょう?」
「やって…そやかて…俺ら軍人やんか……」
「殺したくないって考えながら斬りつけて、結果相手を手の施しようがない瀕死に至らしめて凹むよりは、最初っから殺さないと決めて、相手の手足の自由を奪って後方に送り返しなさい。
 氷結効果のある技は、あんたの方が多いんだから」
彼が腰に佩いている古い拵えの長刀に眼をやる。
あたしにも相手の行動に制限を掛ける技は使えるけれど、彼が使える技程多くは無い。
「シェル。はっきり言うけど…今から自分が殺される、仲間が殺されるって覚悟が出来る?」
「……………」
「だから、考え方を変えるの。
 殺されるかもというのなら、生きて帰ると覚悟を決めなさい。
 誰かが殺されるというのなら、誰かを守る覚悟を。
 ……相手を殺すのは本当に最後の手段。それでも下手に手加減をして仲間が殺されたら意味が無い。だから、少ない手数で相手を戦闘不能に持ち込みなさい。
 ……生きている仲間を見捨てないのは、あたし達も、そして相手も同じよ」
「……出来るんかいな…そないな事」
「まあ正直個人の力量次第ね。……それでも、あんた程の力量があれば…出来る筈よ」

戦場で、相手を殺すより殺さない方が難しいのは経験して判っている。
それでも……戦場で不殺を貫いた人物をあたしはなまじ知っているから…夢物語ではないのだと、足掻きたい。

「………むずいで。ほんま」
「そうね。だから強制はしないわ。
 あんたが自分の筋を通せる戦い方をすれば良い。
 でも ―― あたしはあんたが、殺した敵の数を数えて喜ぶ様な奴になって欲しくは無いわ」
「そないな……俺だってイヤや」
「そうね。あたしも嫌。だから――頑張りましょう」
こつりと拳でシェルの肩を叩いて笑う。
それでも固い表情のシェルの両頬をうにんとひっぱって無理矢理笑わす。
「ひょ、ひぃあ!」
「あんたは小隊長でしょ。小隊の長が始めっから悲壮な顔してどーすんの」
うっにーうにうにうにうっにー。
あ、畜生。男の癖に何だこのキメ細かい肌。
「ひゃからって」
シェルの頬から手を離してにやりとシェルの顔を覗き込む。
うっすら涙目で、引っ張られて赤くなった頬を押さえて憮然と口を尖らせるシェルの姿に微笑んで、ぽすぽす帽子越しに頭を撫でる。
「なんやねんほんまに…」
「んー?ようやく何時ものシェルの顔になったと思ってね~♪」
くるりと方向転換。
陸軍基地の方に向けて歩き出せば、その隣に幾らか落ち着いた顔のシェルが並ぶ。

「しぇっるー」
「ナニー」

「死んじゃ駄目よ」
「わかっとる」


―― さあ、朝が来た。
―― 平和な間奏曲が終わって
―― 無慈悲な行進曲の指揮が振られる


+++++

シェルビーさんお借りしましたっ!!
口調等訂正ありましたらビシビシご指摘お願いします…orz

シェルさんのほっぺうにうにしちゃって御免なさい^^
えへへへへへ……同級生…^q^
士官学校時代も軽い掛け合いしてたらいいなーと…妄想が^^
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
どええええええ
ディアさんをお婿に下さいあっLさんのお嫁さんでしたすいません結婚式には呼んでくださいね
じゃなくて本当もう采壱さんの書かれる文章がすごく好きで・・すごいこう・・自分の語彙力の無さに\^q^/ですがほんともうありがとうございます・・!
うにうには反則です萌えすぎました
采壱さんに向かって拝みます。
チガヤ 2008/06/02(Mon)05:27:12 編集
えへへへへへ
婿ッスか^▽^でもシェルビーさんの作ったお味噌汁が飲みたいですいえ本気で。
此方こそMさんとの結婚式の際には呼んで下さいねっ^^

うわわわ、勿体無いお言葉有難う御座います!!
最後がほっぺうにうにでごめんなさい^^
シリアス人間ではないのです。私の基本は笑いです^▽^b
采壱 2008/06/02(Mon)12:43:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 『御旗のもとに』専用ページ。 DDD部屋 All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]