忍者ブログ
此処はポケモン擬人化軍隊企画、『御旗のもとに』参加キャラの専用ページです。 設置H20.2.29
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[113] [117] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「少尉。しょーいっ」
天蒼上等兵から掛けられた声に、はっと顔を上げる。

大丈夫 ―― そう言おうとして言葉を止める。
あぁそうだ。少尉のあたしが休まなければ、彼らも休みをとれないんだ。
実際、あたしが休んでも休まなくても彼らは己の判断で休憩を取れる。
それでも ―― 此処は軍隊なのだから。

「レプト准尉。付近に反応は?」
「ん~~……っと……ぉ」
熱源探査機と二酸化炭素測定器の反応を見ていたレプト准尉が、四方の結果に首を振る。
「さっき助けた人で此処は最後みたいね」
「そう」

少し休憩 ―― と声を上げれば、付近に散開していた隊員達が「あー」だの「うー」だの呻きながら、水分を取りに集まってくる。
―― あっちの班はまだ余力があって…、その隣の班はちゃんと休ませないと次にダウンする。あぁ、脱水症状は…起こしてない…わね。
その様子をぼんやり眺めていれば、「少尉もちゃんと休まないと駄目」とレプト准尉から睨まれた。
「顔色悪いわよ」
「………そうかし…ら?」
首を傾げて聞き返せば、思いっきり頷かれて栄養補助のゼリー飲料のパックを渡された。
「…………」
手元のパックとレプト准尉の顔を往復させる事数度。
しぶしぶゼリー飲料に口を付ければ、「良し」と頷いてレプト准尉がその場を離れる。
「………………」
もっくもっくと大人しくゼリー飲料を呑んでいると、天蒼上等兵が恐々あたしの顔を覗き込んで来た。
「……何?」
「いえ。…あー、本当に顔蒼いんスね」
「はいこれ」と彼が手に乗せたのは ―― 。
「……ヒメリの実?」
「其処で生ってたんで。少尉食べといた方が良いっスよー」
水で洗われて雫を垂らした実を噛めば、ぴりっとした刺激が頭を醒ます。
「……美味し」
「あー。やっぱり少尉気力使い過ぎー」
「……………」
もこもこと木の実を齧りながら視線を逸らす。
「しょーいー。少尉が一番休み取って無いんスからねっ。ちゃんと休んで下さいよ~?」


………この後他の隊員にまで言われた。
………もっとしっかりしよう。


+++++

土砂崩れが微妙にストレスにつながるのはディアが鋼っ子だからです^^
(地震怖い 大地の力怖い…ガタガタ)
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 『御旗のもとに』専用ページ。 DDD部屋 All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]